Pocket

【卑下慢】

仏教に教えられる自惚れ心に『卑下慢』があります。
自分を卑下しながらも、自惚れる心です。
どんな自惚れなのか、一つの事例を通してお話しします。

 

職場でトラブルが発生し、上司から誰の責任なのか追求される。

 

こんなシチュエーションありますが、あなたなら、こんな時どうしますか。

 

 

自分を棚に上げて、人の非を責める人が多い中、
こう潔く自分の非を認めるのは勇気の要ることです。
なかなかできることではないです。

しかしこのように謝罪する時に、同時に出てくる心を見逃せません。

 

内心ひそかに自分の人格を誇っています。

そして人に向かっては、こんな心も起きてくる

 

心中、その人を見下げ、威張っています。

 

自己の謙虚さも自惚れの元になる、この心を
『卑下慢』とお釈迦様は説かれています。