Pocket

摩訶不思議な魅力を持つ『教行信証』

親鸞聖人には数多くの著作がありますが、最も心血を注がれた聖人の主著は『教行信証』全六巻です。
親鸞聖人の信心と教義のすべてが記されているこの著作を、浄土真宗では「根本聖典」、略して「御本典」といわれます。
親鸞聖人の教えを知りたければ『歎異鈔』を読め、と言う人が多くいます。
確かに『歎異鈔』は美しい文章で読んでいて心地よく、仮名交じりで読みやすく、多くの人に愛読されますが、親鸞聖人の教えを正確に知ろうとした時には、『教行信証』を拝読する以外にはありません。
成立時期は、聖人五十二歳、常陸(茨城県)におられたころです。
しかし亡くなられるまで加筆修正を繰り返され、何度も推敲を重ねられていますので、まさに聖人畢生の大著といえましょう。
『教行信証』をどのページでもいい、開いてまず目に引くのは、膨大な経典や注釈書からの引用でしょう。
親鸞聖人はご自身のなされた解釈の後に、それを裏づける経典、またインド・中国・日本の高僧方の著作を縦横無尽に引用され、根拠として示しておられます。
「さらに親鸞私なし」
“親鸞が勝手に言っていることは一つもない。釈迦の教えを明らかにする、その使命に生きるのみだ”
生涯貫かれた聖人の精神は、この『教行信証』に、いかんなく打ち出されています。
そういった意味では、学究を極めた者同士が真剣勝負で是非を論じ合う、あいまいさを排除した学術論文を読むような感があります。
ところがその一方で、教行信証に書かれた聖人の一文一文は、なんともいえない不思議な魅力にあふれているのです。
哲学者の三木清は『教行信証』を評して「根底に深く抒情を湛えた芸術作品」と言っています。
私も親鸞聖人の教えを学び始めた18歳の時、まだ仏教のイロハが何たるかも分かっていなかった時期でしたが、『教行信証』を初めてパラパラと読んだ時、ところどころの文章に、言葉も文章の構造も、現代とまるで違うのに、聖人の息遣いまで感じるような、何かすさまじい迫力と臨場感を確かに感じました。
教行信証は不思議な書です。
厳めしい学者の論文のようのも見え、固い古典のようでもあり、それでいて、情熱の丈を言葉に込めた詩を読んでいるような感もあります。
そのことを前述の三木清は「『教行信証』は思索と体験とが渾然として、一体をなした稀有の書である」とも評しています。
では、多くの人を魅了して止まぬ『教行信証』の、不思議な魅力、迫力の源泉は、いったいどこにあるのでしょうか。
それは親鸞聖人が体験された「心も言葉も絶え果てた」絶対の幸福の境地にあるとハッキリと知ることができた人は、幸せな人です。

 

親鸞聖人が教行信証で伝えられたかったこと

大綱(おおまかな内容)が成立した時期は、常陸(茨城県)におられた、聖人五十二歳ごろと言われます。
その頃の聖人は、関東一円を精力的に布教に回られていた時期です。
赴かれた関東の地を調べると、居を構えられた常陸(茨城県)の各所はもちろんのこと、下総(千葉県)や相模(神奈川県)など大変な距離を歩かれ、各地で説法をされています。
あんな激しい布教活動の最中に、いつあの大部な『教行信証』全六巻を書かれたのだろうか、と驚きを禁じ得ません。
日中に歩かれ、説法され、帰宅後、疲労困憊されてもなお、何としても伝えなければならないことがあると筆を取られ、『教行信証』を執筆されたのでしょう。
では、親鸞聖人がそうまでして伝えられたかったことは何だったのか。
それは「絶対の幸福」の厳存でした。
「絶対の幸福」を親鸞聖人は『教行信証』に「不可称・不可説・不可思議の幸福だ」と言われています。
不完全な言葉で、絶対の幸福は表現できないので、「不可説」の絶対の幸福、と言われたのです。
言葉で表したものは真実の救いではない、しかし言葉でしか教える術はない。
「不可説」と知りつつ、困難性と危険性と重大性を深く理解され、その上でこうも説いたら分かってくれるか、ああも話したらよかろうか。
どう説明したら正しく理解し、求めるようになってくれるのか。
『教行信証』六巻に、あらゆる言葉を尽くし、表現を極めて、縦横無尽に根拠を引かれ、絶対の幸福の厳存を示されています。
だが、とどのつまりは、「不可称・不可説・不可思議の幸福だ」と言うよりなかったのです。
親鸞聖人の小説や映画でよく描かれるのは、流刑の地、雪深い越後で窮乏と戦いながら、村人に仏法を伝えていかれたご苦労とか、関東で剣をかざして自分を殺しにきた山伏弁円にも、殺されるのを覚悟の上で仏法を伝えられたご苦労などです。
これら数多くのエピソードから、聖人が大変なご苦労をされ、仏法を伝えてくだされたことを感謝する人は多いのですが、それ以上に聖人が最も心血を注がれ、最も悩まれ、最もご苦労されたのは、この「不可説」の絶対の世界をどう伝えればよかろうか、のご執筆のご苦労でした。
『教行信証』を臨終まで推敲を重ね、加筆修正を続けられた筆の跡を拝見すると「これでよい」とはもう思われず、果てしなく悩まれ、
「どうしたら」「どうしたら」と挑戦し続けられた聖人の戦いの跡と拝さずにおれません。

 

教行信証にあふれる絶対の幸福の喜び

『教行信証』全六巻は「よろこばしきかな」で始まり、「よろこばしきかな」のお言葉で終わります。
絶対の幸福に救い摂られた聖人の、書いても書いても書き尽くせぬ喜びが全巻にあふれています。
文芸評論家の亀井勝一郎氏も、「『教行信証』全巻には大歓喜の声が響きわたっている」と驚嘆しました。
私たちも時に「ああ、幸せ」と高揚感に包まれることがあっても、何か起きると、あの幸福感はどこへやらで、すぐ憂鬱な思いが胸一面を襲います。
なまじっか幸福の座に上がると、何も起きる前から、その幸福の座からいつ引きずり下ろされるかと戦々恐々とし、よけい悶々と悩むものです。
親鸞聖人が獲られた絶対の幸福は、そんな、今日あって明日どうなるか分からぬ幸福ではありません。
色あせることも薄れることもない安心、満足を、聖人は『教行信証』に高らかに謳い上げられており、その熱火の法悦が、八百年の時を超えて、読む者の胸を打ちます。
絶対の幸福は、私たちが頭でこねくり回して「考えてみれば幸福な方だよ」「ああいうのと比べたら今を感謝しなきゃ」と言い聞かせなければならないものでもありません。
それは『教行信証』の冒頭から、絶対の幸福になられた親鸞聖人の燃えるよろこびが、ビンビン伝わってくることからもわかります。
「あいがたくして、今あうことをえたり」
「聞きがたくして、すでに聞くことをえたり」
あいたくてあいたくて求めていたものに、今あえたという、聖人のほとばしるよろこびの告白です。
ではこのように親鸞聖人が筆を取られ、ご自身のよろこびの告白を紙に残された目的は、いったいどこにあったのでしょうか。
ふつう人に何かを話す時、誰かに向かって何かを書く時には、目的があります。
話しているその人にどういう気持ちになってもらいたいのか、読む人にどんな思いを持ってもらいたいのか、相手があって話したり、書いたりするのです。
確かにただうれしさのあまりのろけたり、つい自慢したりすることもあるにはありますが、『教行信証』がそんな一時的な感情や思いつきでないことは、あの緻密な構成、徹底した推敲の跡からもよくわかります。
どんな困苦にも打ち克って「これ一つ伝えたい」という、何か強烈なメッセージがなければ、断じて書ける書ではありません。
では聖人が絶対の幸福の境地を語られた目的は何だったのか。
それは「すべての人に絶対の幸福があることを知らせたい。親鸞と同じ心になってもらいたい」の思い一つでした。
「道俗時衆共同心」
“すべての人よ、どうか親鸞と同じ心になってもらいたい”
これが親鸞聖人の真情でした。
「絶対の幸福なんかなれるもんか」「私みたいな者には無理だよ」としか思えない私たちに「なれるんだよ。生きている今、なれる時がある。すべては他力(阿弥陀仏のお力)だから、皆なれるんだ」と、親鸞聖人は『教行信証』で励まし続けておられます。

=========

『教行信証』に示されている絶対の幸福とは何か、わかりやすく教える仏教の20回の無料メール講座はこちらです。いつでも自由に解除もできますので、関心ある方は一度覗いてみてください。

無料メール講座 登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
名前: