どんな人にも生きる意味があると説かれた親鸞の教えとは
Pocket

生きる意味を知りたい方への親鸞の教え

「何のために生まれてきたのか」
「なぜ生きるのか」
「どんなに苦しくても生きねばならないのはなぜか」

簡潔に言えば「生きる意味は何?」の一言になります。
 
生きるのは簡単ではありません。
幸せになりたいとがんばっていても、辛いこと、憂鬱なことは次から次へと押し寄せます。
やっと乗り越えてやれやれと思ったのもつかの間で、また面倒なことが起きます。
その繰り返しでいつか死ぬのが人生ならば、なぜ生きねばならないのでしょうか

もし生きる意味がないならば、人は死を選んでも決しておかしくありません。
苦しくても生きねばならない理由がないのですから。
 
人生に悲観しないよう、生きがいを持つのは大事なことですが、それは生きるためのHOW(手段・対策)です。
そもそもそうやってがんばって生きていくのは、いったい何のためなのか、WHY(目的)は何なのか
ことの本質はそこにあります。
いったい私たちは何のために生きねばならないのでしょうか。
 
その「生きる意味」を真正面からはっきり答えられたのが、800年前、日本に現れた親鸞という人でした。
親鸞聖人は生涯かけて、どんな人にもかけがえのない「生きる意味」があることを教えられた方です。
このサイトは、親鸞聖人が明らかにされた「生きる意味」をわかりやすく、体系的に学ぶサイトです。
 

なぜ親鸞の教えなのか

「生きる意味をみなどう思っているんだろう」と本やネットで調べてみられた中で「仏教」とりわけ「親鸞」というキーワードに巡り会った方も多いと思います。
それは親鸞の教えを学ばれたら分かることですが、『親鸞聖人ほど生きる目的があることを鮮明にされた方はない』からです。
 
世界中の僧侶も仏教を教えてはいても、その中身は「怒らない方法」だったり、「とらわれを解き放つ道」だったり、人間関係のストレスを軽減する方法です。
「生き方講座」「生きるための智慧」を学ぶ場です。
 
お互い煩悩の多い生身の体ですから、ぶつかり合ったり、ねたんだり、落ち込んだり、いろいろあります。
それらをどうしたら軽減できるか、乗り越えられるか、これもみんなとても知りたいことです。
 
しかしあ-したら、こーしたらと生き続けているのは、いったい何のためなのでしょうか?
どう生きたって、面倒なことはおきてきます。
それらを乗り越え、生きていくのは何のためか。
 
親鸞の全生涯はそこ一つに焦点を当て、しかも「人間には素晴らしいかけがえのない生きる目的があるんだよ」と力強く宣言されているのです。
それは何なのか、そこに焦点を絞ったのが、20回の無料メール講座です
 

親鸞の教えられた「生きる意味」をもっと詳しく知りたい方へ

生きる意味を親鸞聖人がどう明らかにされたか、その答えをハッキリと知ることのできる全20回の無料メール講座はコチラです。
登録解除もいつでも自由なので、まずはお試しに覗いてみてください。

無料メール講座 登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
名前:

ブログ

マンガで学ぶ仏教(7)【法鏡】

私の血筋、私の肩書き、私の名声、私の彼氏、と私の付属物の価値を誇っても、それはいつまでもあるものではない。 借り物だ。 私自身は何者か? 私の、そのままの姿の価値はどこにあるのだろう?   昔の不良映画の一場面 …

マンガで学ぶ仏教「人の不幸は蜜の味」

人の不幸やスキャンダルをおもしろがる心が人間にはあります。 恒例の主婦の井戸端会議。 盛り上がる。 何時間でも話せる。     盛り上がらない つまらない話題     盛り上がる。 …

人の不幸を笑う心。三毒の煩悩の一つ、愚痴の心の意味とは

人が失敗して狼狽している姿を見て、ひそかにおもしろがる心を、仏教で「愚痴の心」といいます。 不幸な人を見て「かわいそうに」と口では言いながら、心では何か愉快な気持ちがこみあげてくる心のことです。 「愚痴の心」は、人間の持 …

シッダルタ太子の出家に見る仏教の原点

お釈迦さま(シッダルタ太子)が仏の悟りをひらかれるまで、どんなことがあったのか、紹介します。 母マーヤ夫人の恩をかみしめられたお釈迦さま 今から約2600年前、北インドのヒマラヤ山のふもとに、カピラ城を首都に貴族的共和国 …

『三界皆苦 吾当安此』ブッダが生きる目的を教えられた根拠

「三界皆苦」人生は苦しい。ではなぜ生きるのか 『四方八方眺むれどただ愁嘆の声のみぞ聞く』 唐の高僧、善導大師のお言葉です。 当時世界の文明文化の中心だった唐の長安に住まいしておられた善導大師でしたが、長安の人びとに満ち足 …

無料メール

小冊子プレゼント希望
選択してください:
メールアドレス:
名前:

PAGETOP
Copyright © 「親鸞の教えとは」無料メール講座 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.