どんな人にも生きる意味があると説かれた親鸞の教えとは
Pocket

生きる意味を知りたい

「何のために生まれてきたのか」
「なぜ生きるのか」
どんなに苦しくても生きねばならないのはなぜか」

簡潔に言えば「生きる意味は何なのか?」の一言になります。

生きるのは簡単ではありません。
幸せになりたいとがんばっていても、辛いこと、憂鬱なことは次から次へと押し寄せます。
やっと乗り越えてやれやれと思ったのもつかの間で、また面倒なことが起きます。
その繰り返しでいつか死ぬのが人生ならば、人はなぜ生きねばならないのでしょうか
もし生きる意味がないならば、人は死を選んでも決しておかしくありません。
苦しくても生きねばならない理由がないのですから。
人生に悲観しないよう、生きがいを持つのは大事ですが、それは生きるためのHOW(手段・対策)です。
そもそもそうやってがんばって生きていくのは何のためか、WHY(目的)は何なのか
ことの本質はそこにあります。
いったい私たちは何のために生きねばならないのでしょうか。
その「生きる意味」を真正面からはっきり答えられたのが、800年前、日本に現れた親鸞という人でした。
親鸞聖人は生涯かけて、どんな人にもかけがえのない「生きる意味」があることを教えられた方です。
このサイトは、親鸞聖人が明らかにされた「生きる意味」をわかりやすく、体系的に学ぶサイトです。

なぜ親鸞なのか

「生きる意味をみなどう思っているんだろう」と本やネットで調べてみられた中で「仏教」とりわけ「親鸞」というキーワードに巡り会った方も多いと思います。
それは親鸞の教えを学ばれたら分かることですが、『親鸞聖人ほど生きる目的があることを鮮明にされた方はない』からです。
世界中の僧侶も仏教を教えてはいても、その中身は「怒らない方法」だったり、「とらわれを解き放つ道」だったり、人間関係のストレスを軽減する方法です。
「生き方講座」「生きるための智慧」を学ぶ場です。
お互い煩悩の多い生身の体ですから、ぶつかり合ったり、ねたんだり、落ち込んだり、いろいろあります。
それらをどうしたら軽減できるか、乗り越えられるか、これもみんなとても知りたいことです。
しかしあ-したら、こーしたらと生き続けているのは、いったい何のためなのでしょうか?
どう生きたって、面倒なことはおきてきます。
それらを乗り越え、生きていくのは何のためか。
親鸞の全生涯はそこ一つに焦点を当て、しかも「人間には素晴らしいかけがえのない生きる目的があるんだよ」と力強く宣言されているのです。
それは何なのか、そこに焦点を絞ったのが、20回の無料メール講座です

もっと詳しく知りたい方へ

生きる意味を親鸞聖人がどう明らかにされたか、その答えをハッキリと知ることのできる全20回の無料メール講座はコチラです。
登録解除もいつでも自由なので、まずはお試しに覗いてみてください。

無料メール講座 登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
名前:

ブログ

生きる意味を知らないことから起きる親子間の摩擦

  これは親が子供につい言ってしまう台詞です。 親が子供に言うセリフのベスト10に入るのではないでしょうか。 「どうして親の言うことが聞けないの!?」 この言葉に子供はついイラッとします。 そして言い返します。 …

「財欲で悪を造り、身を滅ぼす」と説かれている仏教

仏教で教えられる五欲の一つに『財欲』があります。 「金がほしい」「家がほしい」「カッコいい車がほしい」「かわいい服がほしい」と金や物を求める心です。 私の知人で、昨年の夏、リストラにあった人があります。 奥さんは再就職に …

葬儀・葬式・法事をする意義を仏教ではどう教えられているか

人が亡くなると必ずなされるのが葬式・法事です。 葬式を立派にするのが一番の供養だ、とか、法事は何周忌まではしたほうがよいとかよく言われますが、それが亡くなった人にとって、どんな意味があるのでしょうか。 なぜ私たちは、葬式 …

人々を魅了し続ける『教行信証』。しかし内容の核心をほとんどの人は知らない

摩訶不思議な魅力を持つ『教行信証』 親鸞聖人には数多くの著作がありますが、最も心血を注がれた聖人の主著は『教行信証』全六巻です。 親鸞聖人の信心と教義のすべてが記されているこの著作を、浄土真宗では「根本聖典」、略して「御 …

正信偈とは、正しい信心の偈(うた)という意味

  『正信偈』は親鸞聖人の教えのすべて 親鸞聖人の書かれた『正信偈』は、今も葬式や法事の際に読まれるので、多くの人に知られています。 「正信偈?聞いたことないぞ」という方でも、冒頭の「きみょう~むりょう~じゅ~ …

アクセス

小冊子プレゼント希望
選択してください:
メールアドレス:
名前:

PAGETOP
Copyright © 「親鸞の教えとは」無料メール講座 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.