どんな人にも生きる意味があると説かれた親鸞の教えとは
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 釈迦の教え

釈迦の教え

仏教で教えられる「乞食(こつじき)の行」の意味とは

釈迦の勧められた「乞食行」 仏教で乞食(こつじき)という言葉があります。 『乞食行』という仏道修行のひとつで、『托鉢(たくはつ)』とも言われます。 鉢を持って僧侶が家々を回り、食や物を乞う行のことです。 お釈迦さまは「仏 …

ブッダの説く「殺生罪」に衝撃を受けた

現代人の殺生に対する鈍感さ 現代に生きる私たちは動物を食べるのを当たり前に思っていますので、とりたてて罪の意識はありません。 しかし食べられる動物たちは、決して人間に食べられるのが当然、とは思っていないでしょう。 どんな …

仏教と日本神道とは、どこがどう違うのか、教義の本質的な違いを徹底解説

日本人の一般的な宗教観 多くの日本人は「あなたは何か宗教を信じていますか」と問われると、「無宗教です」と答えます。 ところが日本に生まれ育っていれば、すでに大きな影響を受けている宗教があるのです。 それが「日本神道」です …

仏教とキリスト教の、殺生における考え方の違いを比較する

仏教では、生き物を殺すことを「殺生罪」といい、私たちの犯す「十悪」の一つに教えられています。 一方、キリスト教では殺生を罪とは言いません。   キリスト教では、動物を殺すことについてどう教えるか キリスト教には …

なぜ釈迦は「人生苦なり」と説かれたか、人間存在そのものの苦しみを明かす

釈尊が35才、仏の悟りをひらかれたさとりの第一声は「人生、苦なり」でした。 仏教をペシミズム(厭世的)で暗いからいやだ、という人があります。 「人生は苦なり、といわれるけど、見方が一方的ではないですか。苦しいことばかり強 …

アクセス

小冊子プレゼント希望
選択してください:
メールアドレス:
名前:

PAGETOP
Copyright © 「親鸞の教えとは」無料メール講座 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.