どんな人にも生きる意味があると説かれた親鸞の教えとは
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 煩悩

煩悩

意業(心のカルマ)の影響力の恐ろしさに身震いする

三業とは何か 夏目漱石はイギリス留学中、日記にこう書き記しました。 「真面目に考えよ、誠実に語れ、摯実に行え。 汝の現今にまく種はやがて汝の収むべき未来となって現るべし」 漱石が仏教を学んでいたからなのか、あるいは彼の経 …

なぜ仏教では「ウラミ」「報復」「仇討ち」をバカな発想と説くのか

「報復」は真理を知らない愚かな心から起きる 「倍返しだ!」の決めゼリフ『半沢直樹』がヒットしたのも、やられたらやりかえす報復の痛快さに、日ごろのストレスを解消する会社員が多かったからでしょう。 私たちは誰かに苦しい目にあ …

仏教に説かれている慢心の意味が心に刺さる

仏教に説かれる六大煩悩の一つ『慢』とは 「お前のような息子をもって恥ずかしいよ。ワシントンはお前の年には検査官になって仕事に励んでいたそうだよ」 「それでワシントンはお父さんの年には何になってたの?」 「…、うん…。大統 …

仏教に説かれる五欲の一つ、「名誉欲」に振り回される人間模様あれこれ

  仏教に教えられる煩悩に「名誉欲」があります。 お釈迦さまは名誉欲の奴隷となり、名誉欲に振り回されて、酔生夢死する人間の姿を至るところで説法されています。 名誉欲について、身近な例を通してお話ししたいと思いま …

アクセス

小冊子プレゼント希望
選択してください:
メールアドレス:
名前:

PAGETOP
Copyright © 「親鸞の教えとは」無料メール講座 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.